職場におけるセルフブランディング

この記事に共感してしまった。職場での自衛のためのセルフプロデュースについての記事。↓

職場でキレる技術

理想は「大人なんだからわきまえろ」で話が終わる人間関係を作ることだが、なかなかうまくはいかない。
また、理想の人間関係を作れたとしても、「言ってはダメなこと・やってはダメなこと」は存在する。そして、それをわきまえていない人がそこそこ多い。特に自分より立場が弱い若輩者に対して。職場に教師や親はいないし、先輩ができた人間とはかぎらない。問題は“わきまえていない言動を戒める第三者”が機能しない環境にある。


スポンサーリンク

ホントにね、下っ端が無抵抗だと、それを当たり前のものとして押し付けてしまう風土ってあるんですよ。年功序列のダメな部分というか、過去の理不尽を次の代にも強要したり、エスカレートしたりもする。上下関係なく、無抵抗な「断れない人」に負荷が集中してしまったり。


スポンサーリンク


この記事では「<ある一定のラインを超えることを、俺は許さない>という意思表示をすること」、つまりある程度までは許容するが、限度を超えたらキレるという手を勧めている。

<何も言ってこないからと言って、その人はそれを許容しているわけじゃない>

オイラは「社会性を捨てる」という方法を選んだ。以前書いたように、「社会人」的な振る舞いの優先順位を下げたのだ。なるべく得意なことに特化し、それ以外のことは全くできない人間に見せかけることで、余計な負荷を回避することにした。もう身体を壊すのはごめんだ。くだらないことで疲弊しないために防衛策を持たなければならない。誰も守ってはくれないのだから。


スポンサーリンク

関連記事

2017年の振り返り
機械から情報の時代へ
書籍『「あなた」という商品を高く売る方法』読了
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
2018年6月~7月 振り返り
HackerスペースとMakerスペース
手軽な娯楽
かっこいい大人にはなれなかったけど
2019年5月 行動振り返り
感じたことを言語化する
頭がいい人
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ブログをWordpressに引っ越して1周年
2015年の振り返り
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
2018年の振り返り
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
界王拳って実は必須スキルなのかも
進撃のタカラトミー
成果を待てない長学歴化の時代
6月の振り返り
HD画質の無駄遣い
歯を食いしばって見るべき動画
立体視を試してみた
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
ハードルの下げ方を学べば続けられる
自分の性質
Windows←切替→Mac
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
2017年 観に行った映画振り返り
プログラミングスキルについて考える
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
9月の振り返り
こんなところで身体を壊している場合じゃない
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
『今年の新入社員』入社年度別新入社員タイプ一覧
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
企画とエンジニア 時間感覚の違い
2018年1月~3月 振り返り

コメント