職場におけるセルフブランディング

この記事に共感してしまった。職場での自衛のためのセルフプロデュースについての記事。↓

職場でキレる技術

理想は「大人なんだからわきまえろ」で話が終わる人間関係を作ることだが、なかなかうまくはいかない。
また、理想の人間関係を作れたとしても、「言ってはダメなこと・やってはダメなこと」は存在する。そして、それをわきまえていない人がそこそこ多い。特に自分より立場が弱い若輩者に対して。職場に教師や親はいないし、先輩ができた人間とはかぎらない。問題は“わきまえていない言動を戒める第三者”が機能しない環境にある。


スポンサーリンク

ホントにね、下っ端が無抵抗だと、それを当たり前のものとして押し付けてしまう風土ってあるんですよ。年功序列のダメな部分というか、過去の理不尽を次の代にも強要したり、エスカレートしたりもする。上下関係なく、無抵抗な「断れない人」に負荷が集中してしまったり。


スポンサーリンク


この記事では「<ある一定のラインを超えることを、俺は許さない>という意思表示をすること」、つまりある程度までは許容するが、限度を超えたらキレるという手を勧めている。

<何も言ってこないからと言って、その人はそれを許容しているわけじゃない>

オイラは「社会性を捨てる」という方法を選んだ。以前書いたように、「社会人」的な振る舞いの優先順位を下げたのだ。なるべく得意なことに特化し、それ以外のことは全くできない人間に見せかけることで、余計な負荷を回避することにした。もう身体を壊すのはごめんだ。くだらないことで疲弊しないために防衛策を持たなければならない。誰も守ってはくれないのだから。


スポンサーリンク

関連記事

TOHOシネマズ新宿
2018年の振り返り
2019年3月~4月 行動の振り返り
Stanford Bunny
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
8月の振り返り
2018年8月~9月 振り返り
2015年の振り返り
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
そのアプローチは帰納的か演繹的か
豚インフルエンザ
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
Mr.ビーン
2020年1月 振り返り
成果を待てない長学歴化の時代
2019年7月 行動振り返り
歯を食いしばって見るべき動画
書籍『コンテンツの秘密』読了
オープンソースのIT資産・ライセンス管理システム『Snipe-IT』
2018年1月~3月 振り返り
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
なりたい自分?
情報の編集
進撃のタカラトミー
書籍『伝わる イラスト思考』読了
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
エヴァのネタバレがこわい
素敵な本を買いました
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
こんなところで身体を壊している場合じゃない
FFS理論
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
3月の振り返り
書籍『メモの魔力』読了
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
かっこいい大人にはなれなかったけど
自分の性質
日本はアニメ大国(笑)
文章を書く時の相手との距離感
2018年4月〜5月 振り返り
BS-TBS 必見!就活リサーチ[再]「TBS編」

コメント