デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚

お台場ガンダム

一応、デジタル写真ネイティブではなく、銀塩時代もそこそこ知っている世代である。モノクロなら現像から印画まで経験がある。


スポンサーリンク



最近割と当たり前になった、デジタル一眼レフカメラで撮ったRAWファイルを後で画像ファイルへ変換するプロセスは、確かに銀塩写真の撮影・現像・印画のプロセスと感覚が似ている。撮影時にちょっとミスっても、印画で結構挽回できたりする。もちろん、逆に画を台無しにしてしまうこともあるが、上手くやると、写真の持つある種の生々しさが蘇ったりもする。この生々しさは構図とは別の表現力で、「質感」と呼んだ方が近いかもしれない。


スポンサーリンク

時間が経ったフィルムを後から見返すと、当時の自分には見えていて、今の自分には見えづらくなった要素に気づく。逆に、当時は意識していなかった要素が見えるようになっていたり。
過去のデータを整理していて、今の感覚で現像したら違う質感が見えてきそう、と感じることが何度かあった。これはそんな1枚。


スポンサーリンク

関連記事

裾野を広げる「○○カフェ」という存在
ハードルの下げ方を学べば続けられる
ポートレート撮影のためのスタジオ照明の基本
インフラがアウトプットの質を左右する
磐梯山ゴールドラインの紅葉
プログラミングスキルについて考える
シュールな光景
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
インターフェイスは世界を規定する
まだまだ続く空想科学読本
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
企画とエンジニア 時間感覚の違い
デザインのリファイン再び
Structured Approach
先週の空
そのアプローチは帰納的か演繹的か
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
ガンダムはALSOKによって守られている
7月の振り返り
2018年の振り返り
2015年の振り返り
4月の振り返り
紅葉 その4
映像ビジネスの未来
副業の基本と常識
2018年6月~7月 振り返り
頭がいい人
調べものは得意なのかもしれない
あの頃で止まった時間
6月の振り返り
情報の編集
成果を待てない長学歴化の時代
月曜の空
手軽な娯楽
2018年1月~3月 振り返り
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
Google App Engine上のWordPressでFlickrの画像を貼る
2019年1月~2月 振り返り
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
いろはす
偏愛マップ

コメント