選挙に「マイナス票」って無いのかな

解散→総選挙なわけだけど。

選挙で投票する時、選択肢の中から必ず一人を選び出すというのがちょっと物足りない。

最高裁判所の裁判官国民審査ってやつみたいにバツをつけるチャンスがあれば選挙も楽しみになると思う。投票したい人が出馬してない場合は誰かにマイナス一票とかできないもんかな。


スポンサーリンク

そんで、投票率を係数として候補者全員の得票数にかけてみるとか。

開票する時も、プラス票・マイナス票によって得票数が減ったり、マイナスの値になる可能性が出てくれば、開票速報が手に汗握る娯楽になるかも。


スポンサーリンク

関連記事

ハードルの下げ方を学べば続けられる
文章を書く時の相手との距離感
かっこいい大人にはなれなかったけど
to do listって結構大事だよね
読書は趣味か?
アスペルガー症候群 WEB自己診断
機械から情報の時代へ
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Structured Approach
タイトルが記事の見出しみたい
言葉が支配する世界
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
あの頃で止まった時間
ガンダムはALSOKによって守られている
スクラッチとマッシュアップ
草食男子必見だってさ
企画とエンジニア 時間感覚の違い
無能の作り方
インフラがアウトプットの質を左右する
調べものは得意なのかもしれない
動画配信ぐらい当たり前の時代
人材輩出企業
Stanford Bunny
Windows←切替→Mac
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
最高にカッコイイガラス細工
タイミングとクオリティ
自分への質問
Google ブック検索
世界で最も正確な性格テスト
職場におけるセルフブランディング
自分の性質
そのアプローチは帰納的か演繹的か
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
情報の編集
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
感じたことを言語化する

コメント