選挙に「マイナス票」って無いのかな

解散→総選挙なわけだけど。

選挙で投票する時、選択肢の中から必ず一人を選び出すというのがちょっと物足りない。

最高裁判所の裁判官国民審査ってやつみたいにバツをつけるチャンスがあれば選挙も楽しみになると思う。投票したい人が出馬してない場合は誰かにマイナス一票とかできないもんかな。


スポンサーリンク

そんで、投票率を係数として候補者全員の得票数にかけてみるとか。

開票する時も、プラス票・マイナス票によって得票数が減ったり、マイナスの値になる可能性が出てくれば、開票速報が手に汗握る娯楽になるかも。


スポンサーリンク

関連記事

最近思ったこと
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
2018年の振り返り
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
素敵な本を買いました
2018年6月~7月 振り返り
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
キャリアの振り返り
2018年8月~9月 振り返り
自分を育てる技術
Web配信時代のコンテンツ構成
感じたことを言語化する
世界で最も正確な性格テスト
機械から情報の時代へ
そのアプローチは帰納的か演繹的か
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
2019年10月 行動振り返り
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
7月の振り返り
企画とエンジニア 時間感覚の違い
2020年6月 振り返り
かっこいい大人にはなれなかったけど
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
2019年5月 行動振り返り
リア充っぽくなりたいです。
8月の振り返り
BS-TBS 必見!就活リサーチ[再]「TBS編」
2019年9月 行動振り返り
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
昨日これ見てきた 東京ゲームショウ2009
1週間のサイクル
言葉が支配する世界
なりたい自分?
2020年2月 振り返り
2020年8月 振り返り
人材輩出企業
他人に水面下の苦労は見えない
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
映像ビジネスの未来

コメント