「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?

人気絵本「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化!

イラストレーターのマーティン・ハンドフォードによって描かれた「ウォーリーをさがせ!」は、1987年にイギリスで出版されて以来、日本をはじめ世界中で約5000万冊を売り上げている大ヒット絵本シリーズ。これまでTVアニメが製作されたほか、TVゲームも発売されている。


スポンサーリンク

そういえば昔、「ウォーリーをさがせ!」のアニメを見たことあるな。

毎回、ストーリーが一段落した後にウォーリーが行方不明になって、視聴者が制限時間(タイマーがチッチッチッチッって)内に画面内のどこかにいるウォーリーを見つけ出すっていうおまけがあった。

同じことをハイビジョン画質の時代にやったら、すさまじい難しさだったろうな。

ひょっとして映画でそれをやるってこと?


スポンサーリンク

関連記事

今の自分の改善点
世界で最も正確な性格テスト
Windows←切替→Mac
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
インフラがアウトプットの質を左右する
文系・理系・それ以外
ネタとしてはあり
職場におけるセルフブランディング
Windows Server 2008に触ってみた
昨日これ見てきた 東京ゲームショウ2009
動画配信ぐらい当たり前の時代
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
手軽な娯楽
『社会人』を諦めました
to do listって結構大事だよね
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
文章を書く時の相手との距離感
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
他人に水面下の苦労は見えない
プログラミングスキルとは何か?
映像ビジネスの未来
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
アメブロをしばらく放置してみた
Stanford Bunny
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
界王拳って実は必須スキルなのかも
まるで成長していない
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
歯を食いしばって見るべき動画
マジョーラ
タイトルが記事の見出しみたい
頭がいい人
選挙に「マイナス票」って無いのかな
企画とエンジニア 時間感覚の違い
自分への質問
日本はアニメ大国(笑)
ハードルの下げ方を学べば続けられる
猫背の巨人・ウルトラマンベリアル
瞬発力の時代

コメント