「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?

人気絵本「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化!

イラストレーターのマーティン・ハンドフォードによって描かれた「ウォーリーをさがせ!」は、1987年にイギリスで出版されて以来、日本をはじめ世界中で約5000万冊を売り上げている大ヒット絵本シリーズ。これまでTVアニメが製作されたほか、TVゲームも発売されている。


スポンサーリンク

そういえば昔、「ウォーリーをさがせ!」のアニメを見たことあるな。

毎回、ストーリーが一段落した後にウォーリーが行方不明になって、視聴者が制限時間(タイマーがチッチッチッチッって)内に画面内のどこかにいるウォーリーを見つけ出すっていうおまけがあった。

同じことをハイビジョン画質の時代にやったら、すさまじい難しさだったろうな。

ひょっとして映画でそれをやるってこと?


スポンサーリンク

関連記事

頭がいい人
HDDの温度
自分を育てる技術
瞬発力の時代
iPhone欲しいなぁ
サブリミナル効果って気付かないもんだよね?
マジョーラ
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
読書は趣味か?
タイミングとクオリティ
ネタとしてはあり
to do listって結構大事だよね
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
言葉が支配する世界
皆声.jp
かっこいい大人にはなれなかったけど
文系・理系・それ以外
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
ZigBee
ガンダムはALSOKによって守られている
歯を食いしばって見るべき動画
タイトルが記事の見出しみたい
Windows←切替→Mac
インフラがアウトプットの質を左右する
NICOGRAPHって有名?
シュールな光景
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
世界で最も正確な性格テスト
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
リア充っぽくなりたいです。
手軽な娯楽
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
アスペルガー症候群 WEB自己診断
アメブロをしばらく放置してみた
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
昨日これ見てきた 東京ゲームショウ2009

コメント