「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?

人気絵本「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化!

イラストレーターのマーティン・ハンドフォードによって描かれた「ウォーリーをさがせ!」は、1987年にイギリスで出版されて以来、日本をはじめ世界中で約5000万冊を売り上げている大ヒット絵本シリーズ。これまでTVアニメが製作されたほか、TVゲームも発売されている。


スポンサーリンク

そういえば昔、「ウォーリーをさがせ!」のアニメを見たことあるな。

毎回、ストーリーが一段落した後にウォーリーが行方不明になって、視聴者が制限時間(タイマーがチッチッチッチッって)内に画面内のどこかにいるウォーリーを見つけ出すっていうおまけがあった。

同じことをハイビジョン画質の時代にやったら、すさまじい難しさだったろうな。

ひょっとして映画でそれをやるってこと?


スポンサーリンク

関連記事

選挙に「マイナス票」って無いのかな
昨日これ見てきた 東京ゲームショウ2009
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
ガンダムはALSOKによって守られている
映像ビジネスの未来
Chevy shows off Transformers: Revenge of the Falle...
人材輩出企業
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
Stanford Bunny
サブリミナル効果って気付かないもんだよね?
ネタとしてはあり
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
BS-TBS 必見!就活リサーチ[再]「TBS編」
ブログをWordpressに引っ越して1周年
文章を書く時の相手との距離感
Google ブック検索
ZigBee
あの頃で止まった時間
最近思ったこと
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
自分のスキルセット
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
アスペルガー症候群 WEB自己診断
Texturing & Modeling A Procedural ApproachをGoo...
Windows←切替→Mac
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
HDDの温度
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
日本はアニメ大国(笑)
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
素敵な本を買いました
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
本屋の棚に「本日発売」の本が並んでない
文系・理系・それ以外
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
皆声.jp
自分への質問
iPhone欲しいなぁ
動画配信ぐらい当たり前の時代
かっこいい大人にはなれなかったけど

コメント