ギター曲向けの作曲ツール『TuxGuitar』

エレキギターを買ってからだいぶ経つけど、もはやただのインテリアと化してる。。。
この入門書も一緒に買ったんだけどね。

DVDで今日から弾ける! かんたんエレキ・ギター (DVD付き) (ギター・マガジン)

好きな曲で練習しようと思って、たまにYoutubeで「弾いてみた」動画を見たりするんだけど、みんな曲を耳コピしてギターを演奏しててマジですごい。で、耳コピしたTAB譜を配布している人もたまに見かける。何かツールがあるのかと思って調べたら、TuxGuitarっていう弦楽器用譜面作成ができるフリーのツールがあるみたい。要するに作曲ツール。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

TuxGuitar

タブ譜(TAB 譜)& 五線譜 を使って作曲することができるソフト。
専用のタブ譜 / 五線譜 に、フレット番号や音符を入力していくことで、実際に楽曲制作を行うことができます。
コード入力支援機能や、入力した音符に「チョーキング」「ビブラート」「トレモロアーム」「タッピング」 「ハンマリングオン / プリングオフ」等の “ 奏法 / 演奏表現 ” を指定する機能 などが付いています。
作成した楽曲は、Guitar Pro互換のファイル( gp3 ~5 )や、mid、PDF などで保存することができます.

「TuxGuitar」は、高機能なタブラチュア / スコアエディタ です。
画面に表示されたタブ譜(TAB 譜)やスコア(五線譜)上に、フレット番号や音符を入力していくことで、 実際に楽曲制作を行うことができる… というDTM ソフトです。
作曲の際にタブ譜を使えることはもとより、入力した音符に「ビブラート」や「スライド」「タッピング」 「トレモロアーム」等々の “ 演奏表現 ” を指定できたりするなど、ギタリストに最適化されているところが 最大の特徴※1。
※1 タブ譜は、4 ~ 7 弦に対応。
タブ譜は非表示にすることもできるし、もちろん普通の作曲ソフトとしても使える。 (ピアノロールも用意されている)
基本的にギターが弾ければ作曲できるので、楽譜やピアノロールの知識がなくても使えるようになっています。
対応しているフォーマットは、次の通り。
入力 : tg / gp3 / gp4 / gp5 / mid / tef。
出力 : tg / gp3 / gp4 / gp5 / tab / ly / mid / xml / pdf(譜面を紙に印刷することも可能)。

このツールをちょっと触ってみて個人的に良いなと思ったのが、譜面を読み込んで再生(演奏)できる点と、フレットボード表示で演奏中の指の位置が見れる点。オイラ未だに譜面読むの苦手だからこういうの有難い。


スポンサーリンク

関連記事

ミニ四駆を赤外線制御したりUnityと連携したり
HackerスペースとMakerスペース
ドラマ『ファースト・クラス』第2弾 10月から放送
日立のフルパララックス立体ディスプレイ
ハイテクな暑さ対策グッズ
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代
ReadCube:文献管理ツール
全脳アーキテクチャ勉強会
Arduinoで人感センサーを使う
Profilograph
ボールペンに変形するトランスフォーマー『TRANSFORMERS コンボイペン』
なぜ書店で販売しているのか謎な商品 メタルキットシリーズ
プログラマブルなドローン『Phenox』
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
研究者のための英文校正業者比較サイト
ミニ四駆のラジコン化情報
構造色研究会 -Society of Structural Colors-
クライマックスヒーローズ
ちっちゃいデスクトップパソコンだよ
第2回Webスクレイピング勉強会の資料
豆腐みたいな付箋
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
FacebookがDeep learningツールの一部をオープンソース化
スタートアップの資金調達をまとめたインフォグラフィック
オープンソースのプリント基板設計ツール『KiCad』
なりきり玩具と未来のガジェット
iPadをハンディ3Dスキャナにするガジェット『iSense 3D Scanner』
データサイエンティストって何だ?
大人の知識で玩具の改造
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
もちもち泡のネコ
甲虫の色とか
Yahoo!で「トランスフォーマー!」を検索すると
Amazon Video Direct:自作の映像をAmazonで配信
フルカラー3Dプリンタ
ubuntuでサーバー作るよ
ミステリー・コメディドラマ『名探偵モンク』
進撃のタカラトミー
IBM Watsonで性格診断
まだまだ続く空想科学読本
2018年に購入したiPad Proのその後
Microsoft Mathematics:数学の学習支援ツール

コメント