「考える」と「調べる」は違う(と思う)

検索エンジンが人間を甘やかして駄目にする

一概には言えませんが、「考える」という行為自体を薄めてしまう存在な気がしてなりません。

検索エンジンによって人間が駄目なるという考えは理解できる。便利になれば何かしらの能力が退化するわけだから。
ただ、ここで退化するのは思考力よりも記憶力だと思う。

「検索エンジン」というツール、その考え方の概念が頭と体に染み付いてしまうと、検索エンジン中毒の末期症状となってしまいます。自分で考えるという行為を怠る体質になってしまうのです。何かわからないことや、調べものがあったのなら検索エンジンを利用して検索しませんか?仮に検索エンジンというものが存在していなかった頃であったとしたのならばどうしたか?自分の頭と体を駆使して調べ物を行うでしょう。


スポンサーリンク

「考える」という行為に少し誤解があるような気がする。「調べる」という作業は「考える」とはちょっと違う作業。
「調べる」は考える材料を探す行為であって、「考える」そのものではない。ここで使う頭と体は、どこに何があるかを把握し、それにたどり着くのが目的。それは考える作業とは少し違う。
検索エンジンによって情報集めの時間が短縮されれば、むしろ本来の「考える」に集中できるのでは?という気がする。

例えて言うのであれば、解答つきのドリルを解答を見ながら解いていくような感覚です。

ドリルは考えることを重視したものではなく、単純作業の反復によって手順を覚えるもの。

携帯電話などの漢字変換機能なども、同様の症状を引き起こします。書くことの出来ない漢字も、読みを入力すれば漢字に変換してくれる。大変便利な機能ですが、どのような漢字を書くのかということを頭で考えなくなる体質になってしまっているのです。

だからそれは記憶力だってば。

(※インターネット上には、嘘の情報も数多く存在しているわけですから。)

しまった、釣られた。


スポンサーリンク

関連記事

皆声.jp
8月の振り返り
他人に水面下の苦労は見えない
マイケル・ベイの動画の感覚
Windows Server 2008に触ってみた
Google ブック検索
文系・理系・それ以外
1週間のサイクル
自分への質問
タイミングとクオリティ
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
ガメラ生誕50周年
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
職場におけるセルフブランディング
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
進撃のタカラトミー
言葉が支配する世界
界王拳って実は必須スキルなのかも
映像ビジネスの未来
ブログをWordpressに引っ越して1周年
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
歯を食いしばって見るべき動画
副業の基本と常識
トランスフォーマーの変形パターンを覚えるのは楽しいと思うんだ
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
HDDの温度
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
あの頃で止まった時間
手軽な娯楽
自分を育てる技術
2018年4月〜5月 振り返り
Mr.ビーン
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
豚インフルエンザ
かっこいい大人にはなれなかったけど
ファンの力
最近思ったこと
シュールな光景
プログラミングスキルについて考える
サイドスワイプ

コメント