東映特撮BBを不便に感じてしまう…

劇場版ディケイドのスピンオフムービーが見たくて、東映特撮BBに月額利用登録したんだけど、それがちょっと不便に感じるという話。

東映特撮BB

東映特撮BBは特撮ヒーローの活躍が楽しめる有料映像配信サービスです。

東映が製作した特撮ヒーロージャンルの豊富なコンテンツ群の中から選りすぐりの作品を配信しております。

月額利用登録いただくと、月額525円(消費税込)でバラエティーに富んだ映像コンテンンツをお楽しみいただくことができます。 コンテンツには月額利用料内でいつでも視聴できるものと、視聴の際に別途料金が必要なPPV(Pay Per View)タイプのものがあります。

コンテンツを見るには、ユーザIDとパスワードを入力して東映特撮BBにログインする。

ディケイドのスピンオフムービーは会員無料コンテンツだから月額525円でいつでも好きな時に見放題、それ以外のコンテンツももちろん見れる。


スポンサーリンク

全然悪いサービスじゃない。ただ一点を除いて

またコンテンツは、個々のPC端末ごとにライセンスが発行されることにより視聴可能になります。あるPC端末でコンテンツを見るために取得したライセンスは、他のPC端末では利用できません。ご利用の際は視聴用のPC端末を決めてからご利用ください。

視聴できる端末が限定されるってのを不便に感じてしまう自分。

youtubeとかニコニコ動画に慣れ過ぎているかもしれない。ユーザIDとパスワードがあれば、どの端末からでも自分のアカウントが使える感覚が身体に染み付いてる。

他の無料サービスが便利すぎて、本来それほど不便でもないサービスさえ、めんどくさく感じてしまう。ネットの便利さに慣れ過ぎていたと気づいてちょっとショック。

ネットの影響でめんどくさがりなユーザーが増えていくと、相対的に不便なサービスって不利だな。


スポンサーリンク

関連記事

2020年7月 振り返り
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
世界で最も正確な性格テスト
Google ブック検索
自分への質問
映像ビジネスの未来
8月の振り返り
タイトルが記事の見出しみたい
ZigBee
素敵な本を買いました
自分のスキルセット
2017年の振り返り
ネタとしてはあり
4月の振り返り
最高にカッコイイガラス細工
2019年8月 行動振り返り
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
タイミングとクオリティ
サブリミナル効果って気付かないもんだよね?
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
機械から情報の時代へ
2020年8月 振り返り
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
成果を待てない長学歴化の時代
歯を食いしばって見るべき動画
手軽な娯楽
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
『社会人』を諦めました
クライマックスヒーローズ
ハードルの下げ方を学べば続けられる
動画配信ぐらい当たり前の時代
文章を書く時の相手との距離感
5月の振り返り
2019年3月~4月 行動の振り返り
エンジニア向けの転職サイトが凝っている件
2015年の振り返り
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
文系・理系・それ以外
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
「考える」と「調べる」は違う(と思う)

コメント