文章を書く時の相手との距離感

文章を書くのってなんでこんなにエネルギーを使うんだろう。
読む相手と書く自分の距離がよくわからないと特に難しいな。
どこまでかしこまったら良いのか。
どこまでくだけて良いのか。
まぁ、そもそも距離感がわかったところで文章を書くのが苦手なのは変わらないけど。


スポンサーリンク

関連記事

『社会人』を諦めました
プログラミングスキルとは何か?
無能の作り方
Google ブック検索
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
他人に水面下の苦労は見えない
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
草食男子必見だってさ
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
2018年4月〜5月 振り返り
インターフェイスは世界を規定する
7月の振り返り
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
リア充っぽくなりたいです。
8月の振り返り
2019年1月~2月 振り返り
アメブロをしばらく放置してみた
kotobankを使ってみた
読書は趣味か?
ブログをWordpressに引っ越して1周年
ペーパーカンパニーを作ってみたい
すてる英語学習本『ずるいえいご』
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
Windows Server 2008に触ってみた
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
マジョーラ
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
PowerPointによるプレゼン
豚インフルエンザ
2019年5月 行動振り返り
まるで成長していない
映像ビジネスの未来
最高にカッコイイガラス細工
2019年の振り返り
2020年6月 振り返り
今の自分の改善点
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
2018年10月~11月 振り返り
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]

コメント