学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」

学生の頃だと、学習の到達点度を測る指標は明確で、試験の点数だった。(まあ、試験苦手だったけど。)
会社員になってから、資格試験でもない限り、学習した効果に点数をつけられることがなくなった。その割には、会社員になってから勉強したことってのも結構あるので、その習熟度はどの程度だろうかと最近考えている。

最近は、社会人向けのサービスや教材が豊富で、学習リソースは沢山あるんだけど、「何を拠り所に学んだ実感を得るか」ってのが問題。特に誰かと競争するわけでもない知識、教養ってやつは計るのがのが難しい。教養があれば、発想が豊かになりそうなことは確かなんだけど、教養=暗記力かと言うと、ちょっと違う気がする。暗記できた量を数えるのも何かむなしいし。


スポンサーリンク



で、最近の個人的な感覚なんだけど、学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」と考えるようになった。ここで言う「点」ってのは知識の断片みたいなもの。たぶん、暗記しようと思えばこの「点」は得られるものなんだけど、「点」の知識は上手く使えない。それぞれ断片だった知識が関連したものとして認識できるようになって、それらが有機的に繋がった構造として頭に入った時が、学習の到達目標じゃないかと思っている。

これまで仕事でも、調べ物をしていたけど、途中で切り上げざるを得なくなった時、知識として知ってはいるけど、何となく気持ちが悪い感覚が残った。それが何なのか考えてたら「点と点が繋がってない」ってことかと思い至った。これじゃ上手く使えそうにない、って直観的に感じたのかも。
ここで欲を出して、到達目標を「知識を上手く使えるようになるまで」にしてしまうと、なかなか学習効果を実感できなくなるか、あるいは随分と即物的な、付け焼刃な知識しか興味がなくなってしまうので何かダメそう。
参考書も、繋がりが見えてくるまでは何度も戻って読み直したり、今の自分に合ったレベルの解説を探したりしてる。インターネットのおかげで、解説のセカンドオピニオンを得やすくなったのは有難いね。

そういえば、自分が学習する上で、人に教えるってのもすごく良いらしい。それを狙ってブログに書き下したりもアリかも。学校で教えてもらったことを帰ってからお家の人に話す子供は伸びが良いらしいよ。


スポンサーリンク


Also published on Medium.