裾野を広げる「○○カフェ」という存在

あんまりまとまりの無い話。

前にも書いたけど、FabCafeみたいな存在って、日本でどれくらい効果があるんだろうか。という疑問はあるけど、カフェという場を作って裾野を広げようというのは共感できる。大衆化のための一手段として、敷居を下げて気負いせずに触れらる「○○カフェ」という場を用意するのは第一歩だろう。

いずれ考えなければならないのは、その後のフォローをどうやるか、ということだと思う。見渡してみれば、どのジャンルでも入門書の類は結構数が出回るけど、入門後、中級者の独学をフォローする情報を得るのが途端に難しくなる。裾野が広いと思ったら突然急斜面が現れるような感じ。頂上までの散歩コースを作れとは言わないけど、中腹まで獣道程度のものがあっても良い気がする。

ところで、この○○カフェというやつ、上手く流行るものとそうでないものの違いは何だろうか。ものづくり系で言うと、はんだづけカフェや海洋堂ワンフェスカフェなんてのもある(あった)けど、FabCafeほどの話題性が無かったのは、何故だろう。

FabCafeは海外サービスの日本上陸という点で、日本発のものとはかなり異質だけど、海外で流行ったものを有難がる日本人の性質というだけだったら残念だ。FabCafeには海外展開に優れたプロデューサーがいるとかだけならまだ救いようがある。それぞれの分野による内発的な○○カフェの欠点が「プロデューサーがいない」という点だけなら、この辺は上手くノウハウを共有すれば段階的に大衆化を実現できるのではないだろうか。

まあ、秋葉原発のものは基本的に、濃い人から徐々に浸透させていくパターンだから、ミーハーから順に訴えかける大衆化プランとは相反するのかもしれないけど。


スポンサーリンク

関連記事

Windows Server 2008に触ってみた
Web配信時代のコンテンツ構成
インフラがアウトプットの質を左右する
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
3DCGのモデルを立体化するサービス
シュールな光景
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
二次創作というやつ
成果を待てない長学歴化の時代
手軽な娯楽
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
調べものは得意なのかもしれない
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
書籍『コンテンツの秘密』読了
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
デジタル写真のRAW現像と銀塩写真の現像の感覚
自分を育てる技術
スクラッチとマッシュアップ
2016年の振り返り
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
リメイク版ロボコップスーツのメイキング
感じたことを言語化する
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
アメブロをしばらく放置してみた
あの頃で止まった時間
無能の作り方
kotobankを使ってみた
リア充っぽくなりたいです。
2019年1月~2月 振り返り
日本はアニメ大国(笑)
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
7月の振り返り
偏愛マップ
ZigBee
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
NICOGRAPHって有名?
2019年10月 行動振り返り
書籍『絵はすぐに上手くならない』読了
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
2018年4月〜5月 振り返り
ミニ四駆のラジコン化情報
映像ビジネスの未来

コメント