裾野を広げる「○○カフェ」という存在

あんまりまとまりの無い話。

前にも書いたけど、FabCafeみたいな存在って、日本でどれくらい効果があるんだろうか。という疑問はあるけど、カフェという場を作って裾野を広げようというのは共感できる。大衆化のための一手段として、敷居を下げて気負いせずに触れらる「○○カフェ」という場を用意するのは第一歩だろう。

いずれ考えなければならないのは、その後のフォローをどうやるか、ということだと思う。見渡してみれば、どのジャンルでも入門書の類は結構数が出回るけど、入門後、中級者の独学をフォローする情報を得るのが途端に難しくなる。裾野が広いと思ったら突然急斜面が現れるような感じ。頂上までの散歩コースを作れとは言わないけど、中腹まで獣道程度のものがあっても良い気がする。

ところで、この○○カフェというやつ、上手く流行るものとそうでないものの違いは何だろうか。ものづくり系で言うと、はんだづけカフェや海洋堂ワンフェスカフェなんてのもある(あった)けど、FabCafeほどの話題性が無かったのは、何故だろう。

FabCafeは海外サービスの日本上陸という点で、日本発のものとはかなり異質だけど、海外で流行ったものを有難がる日本人の性質というだけだったら残念だ。FabCafeには海外展開に優れたプロデューサーがいるとかだけならまだ救いようがある。それぞれの分野による内発的な○○カフェの欠点が「プロデューサーがいない」という点だけなら、この辺は上手くノウハウを共有すれば段階的に大衆化を実現できるのではないだろうか。

まあ、秋葉原発のものは基本的に、濃い人から徐々に浸透させていくパターンだから、ミーハーから順に訴えかける大衆化プランとは相反するのかもしれないけど。


スポンサーリンク

関連記事

2019年12月 行動振り返り
瞬発力の時代
手軽な娯楽
自分の性質
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
2019年1月~2月 振り返り
11月の振り返り
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
2019年11月 行動振り返り
マジョーラ
昨日これ見てきた 東京ゲームショウ2009
言葉が支配する世界
企画とエンジニア 時間感覚の違い
東映特撮BBを不便に感じてしまう…
2018年1月~3月 振り返り
透明標本
2019年3月~4月 行動の振り返り
自分を育てる技術
動画配信ぐらい当たり前の時代
「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
2017年 観に行った映画振り返り
二次創作というやつ
情報の編集
2020年4月 振り返り
2018年8月~9月 振り返り
ミニ四駆のラジコン化情報
2020年8月 振り返り
インフラがアウトプットの質を左右する
2020年10月 振り返り
2020年9月 振り返り
2016年の振り返り
2018年10月~11月 振り返り
無料で学べる技術者向けeラーニングサービス「Webラーニングプラザ」
Stanford Bunny
to do listって結構大事だよね
リメイクコンテンツにお金を払う歳になった
Windows←切替→Mac
他人に水面下の苦労は見えない
文章を書く時の相手との距離感
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」

コメント