「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない

そろそろオープンキャンパスとかの時期だなぁ。

情報系は高校の先生と受験生の親御さんへのアピールが弱い

あと、情報系は基本的に裏方なのでイメージ化がへたくそな印象がある。機械系は技術が進んだ未来をアトムやドラえもん、宇宙船などで素敵な科学をイメージ化してお届けできるが、情報系だと技術が進んだ先がスカイネット(ターミネータたちの親玉コンピューター)やHAL9000などコンピュータが進化しすぎて人類殲滅にはしっちゃう悪のイメージが。あとは暗い部屋でたった一人でディスプレイの前でカチャカチャしているイメージかな。なので、高校生のお母様方と先生方に素敵なイメージを届ける策を練らないといけない。特に女子高生にアピールしないといけないね。


スポンサーリンク

高校の先生とか受験生の親御さんに限らず、情報系が専門でない人に自分がどんなことを学んでいるかを伝えるのはかなり難しいと思う。一通り説明してみたところで、「それが何の役に立つの?」という問いに答えるのも難しい。試しに、相手にとって身近な技術に絡めて説明しても、「ふーん」というリアクションしか得られなかったり、そもそも身近な技術を誤解していたりする。

って、どう考えても自分のコミュニケーション不全が問題です。本当にありがとうございました。


スポンサーリンク

関連記事

連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
2020年11月 振り返り
2012 昨日のクローズアップ現代を見た
アメブロをしばらく放置してみた
感じたことを言語化する
NICOGRAPHって有名?
2021年1月 振り返り
2022年12月 振り返り
タイミングとクオリティ
遺伝子検査で自己分析
マルチタスクに仕事をこなせる人とそうでない人の違い
2017年7月 振り返り
職場におけるセルフブランディング
2019年11月 行動振り返り
書籍『天才を殺す凡人』読了
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
副業の基本と常識
2020年9月 振り返り
THIS IS IT ⇔ IT IS NOT THIS!
2018年10月~11月 振り返り
2023年2月 振り返り
2023年8月 振り返り
「考える」と「調べる」は違う(と思う)
TOHOシネマズ新宿
映画から想像するVR・AR時代のGUIデザイン
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
2017年 観に行った映画振り返り
スクラッチとマッシュアップ
すてる英語学習本『ずるいえいご』
2021年の振り返り
人材輩出企業
書籍『自分の強みを見つけよう』読了
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
2023年9月 振り返り
2022年1月 振り返り
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
2024年1月 振り返り
ファンの力
インターフェイスは世界を規定する
2020年5月 振り返り
シュールな光景
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了

コメント