「自分が何を学んでいるか」を人に説明できない

そろそろオープンキャンパスとかの時期だなぁ。

情報系は高校の先生と受験生の親御さんへのアピールが弱い

あと、情報系は基本的に裏方なのでイメージ化がへたくそな印象がある。機械系は技術が進んだ未来をアトムやドラえもん、宇宙船などで素敵な科学をイメージ化してお届けできるが、情報系だと技術が進んだ先がスカイネット(ターミネータたちの親玉コンピューター)やHAL9000などコンピュータが進化しすぎて人類殲滅にはしっちゃう悪のイメージが。あとは暗い部屋でたった一人でディスプレイの前でカチャカチャしているイメージかな。なので、高校生のお母様方と先生方に素敵なイメージを届ける策を練らないといけない。特に女子高生にアピールしないといけないね。


スポンサーリンク

高校の先生とか受験生の親御さんに限らず、情報系が専門でない人に自分がどんなことを学んでいるかを伝えるのはかなり難しいと思う。一通り説明してみたところで、「それが何の役に立つの?」という問いに答えるのも難しい。試しに、相手にとって身近な技術に絡めて説明しても、「ふーん」というリアクションしか得られなかったり、そもそも身近な技術を誤解していたりする。

って、どう考えても自分のコミュニケーション不全が問題です。本当にありがとうございました。


スポンサーリンク

関連記事

必見!就活リサーチ
最高にカッコイイガラス細工
5月の振り返り
ガンダムはALSOKによって守られている
二次創作というやつ
書籍『医師のつくった「頭のよさ」テスト 認知特性から見た6つのパターン』読了
1週間のサイクル
そのアプローチは帰納的か演繹的か
2018年1月~3月 振り返り
あの頃で止まった時間
ブログをWordpressに引っ越して1周年
iPhone欲しいなぁ
自分への質問
8月の振り返り
スクラッチとマッシュアップ
書籍『鈴木さんにも分かるネットの未来』読了
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
オープンソースの取引プラットフォーム
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
分業とコミュニケーション 情報伝達網の設計
プログラミングスキルについて考える
動画配信ぐらい当たり前の時代
自分を育てる技術
言葉が支配する世界
キャリアの振り返り
自分の書いたコードは行数の3分の1ぐらいがコメントだったりする(さすがに極端かもしれない)
2017年 観に行った映画振り返り
偏愛マップ
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
立体視を試してみた
4月の振り返り
アメブロをしばらく放置してみた
ストレングス・ファインダー
2019年10月 行動振り返り
瞬発力の時代
2019年7月 行動振り返り
書籍『メモの魔力』読了
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
書籍『ピクサー流 創造するちから』読了
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
NICOGRAPHって有名?
日本でMakersは普及するだろうか?

コメント