kotobankを使ってみた

朝日新聞社,講談社,小学館,朝日新聞出版,ECナビの5社による無料辞書サイト「kotobank」(コトバンク)が正式オープンしたようです。
「信頼性の高いNo.1用語解説サイト」を目指してWikipediaに対抗するらしい。
以下、公式のkotobankの説明

「kotobank」とは

「kotobank」は、朝日新聞、朝日新聞出版、講談社、小学館などの辞書、事典44冊43万語から、用語を一度に検索できるサービスです。

百科事典から、人名辞典、現代用語辞典や専門用語集といった内容まで幅広く網羅しており、情報は随時更新、追加していきます。

「kotobank」の特徴は、用語解説の信頼性を重要視している点です。掲載している辞書は実績のある出版社や、その分野においての知識が豊富な企業などから提供されたもので構成しています。


スポンサーリンク

もう一つの特徴は、キーワード情報を多角的に調べることができる点です。「kotobank」で検索をすると、用語解説のほかに、そのキーワードの関連語、関連するニュース記事、Web検索など、さまざまな関連情報が一度に表示されます。関連情報は様々なケースで役立ちます。例えば、用語解説を読んだ後に、用語の使用例を、Web検索結果やニュース記事で参照できます。また、関連用語や関連する本、関連商品も同時に検索できます。

今後も、調べ物には欠かせないサービスを目指して、利用者の皆様とともにサービス向上に努めていきたいと考えています。

さっそく使ってみたんだけど、当然のことながらネットスラングを入力してもkotobank内では該当する解説が見つかりません。

そのかわり、web検索結果を表示してくれます。検索結果にはWikipediaもちゃんと含まれてます。(WikipediaからkotobankへのリンクがあればOKな気もするけど)

次に、割と昔からありそうな言葉を入力してみると、このようにkotobankによる用語解説とその出典が表示されます。出典がわかるのでその解説が信頼できるものかどうか判断できるということですね。

時間が経てばネットスラングにも対応したりするのかな。


スポンサーリンク

関連記事

そのアプローチは帰納的か演繹的か
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
界王拳って実は必須スキルなのかも
フォトンの放射から格納までを可視化した動画
Googleの3Dウェブ・プラグインO3D
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
NICOGRAPHって有名?
ブログをWordpressに引っ越して1周年
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
iPhone欲しいなぁ
2015年の振り返り
文章を書く時の相手との距離感
就職面接で聞くべき7つの質問→日本にローカライズすると3つぐらいに減るんじゃね?
OpenMayaRender
透明標本
皆声.jp
Mr.ビーン
感じたことを言語化する
4月の振り返り
ZigBee
タダでRenderManを体験する方法
手軽な娯楽
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
7月の振り返り
Siggraph Asia 2009 カンファレンスの詳細
Virtual Network Computing
Amdahlの法則
情報の編集
かっこいい大人にはなれなかったけど
職場におけるセルフブランディング
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)
to do listって結構大事だよね
にっぽんお好み焼き協会
6月の振り返り
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
2019年6月 行動振り返り
「ウォーリーをさがせ!」が実写映画化←観客が必死にウォーリーさがすの?
HDDの温度
2019年10月 行動振り返り
動画配信ぐらい当たり前の時代
『Follow Finder』 (Google Labs)
タイミングとクオリティ

コメント