kotobankを使ってみた

朝日新聞社,講談社,小学館,朝日新聞出版,ECナビの5社による無料辞書サイト「kotobank」(コトバンク)が正式オープンしたようです。
「信頼性の高いNo.1用語解説サイト」を目指してWikipediaに対抗するらしい。
以下、公式のkotobankの説明

「kotobank」とは

「kotobank」は、朝日新聞、朝日新聞出版、講談社、小学館などの辞書、事典44冊43万語から、用語を一度に検索できるサービスです。

百科事典から、人名辞典、現代用語辞典や専門用語集といった内容まで幅広く網羅しており、情報は随時更新、追加していきます。

「kotobank」の特徴は、用語解説の信頼性を重要視している点です。掲載している辞書は実績のある出版社や、その分野においての知識が豊富な企業などから提供されたもので構成しています。


スポンサーリンク

もう一つの特徴は、キーワード情報を多角的に調べることができる点です。「kotobank」で検索をすると、用語解説のほかに、そのキーワードの関連語、関連するニュース記事、Web検索など、さまざまな関連情報が一度に表示されます。関連情報は様々なケースで役立ちます。例えば、用語解説を読んだ後に、用語の使用例を、Web検索結果やニュース記事で参照できます。また、関連用語や関連する本、関連商品も同時に検索できます。

今後も、調べ物には欠かせないサービスを目指して、利用者の皆様とともにサービス向上に努めていきたいと考えています。

さっそく使ってみたんだけど、当然のことながらネットスラングを入力してもkotobank内では該当する解説が見つかりません。

そのかわり、web検索結果を表示してくれます。検索結果にはWikipediaもちゃんと含まれてます。(WikipediaからkotobankへのリンクがあればOKな気もするけど)

次に、割と昔からありそうな言葉を入力してみると、このようにkotobankによる用語解説とその出典が表示されます。出典がわかるのでその解説が信頼できるものかどうか判断できるということですね。

時間が経てばネットスラングにも対応したりするのかな。


スポンサーリンク

関連記事

あの頃で止まった時間
リア充っぽくなりたいです。
CreativeCOW.net
アスペルガー症候群 WEB自己診断
ドラッカーの提唱する大学卒業までに身につけるべき4つの能力
豚インフルエンザ
人材輩出企業
TVML (TV program Making language)
Visual Studioでユーザー定義のSyntax HighLightを設定する方法
represent
Model View Controller
書籍『ジョージ・ルーカスのSFX工房』
他人に水面下の苦労は見えない
自分の性質
prosper
iPhone欲しいなぁ
Web配信時代のコンテンツ構成
文章を書く時の相手との距離感
アメブロをしばらく放置してみた
バットマンビギンズに学ぶブランディング戦略
Processing
ゆるキャラ
複屈折
連休中にアメブロのアクセス解析で遊んでみたよ
犬が電柱におしっこするように、僕はセカイカメラでエアタグを貼る(初日の感想)
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
螺鈿(らでん)
読書は趣味か?
日本はアニメ大国(笑)
かっこいい大人にはなれなかったけど
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
今年も「すいかキャンディ」の季節がやってきました
Googleが求める『スマート・クリエイティブ』と言われる人材
映像ビジネスの未来
素敵な本を買いました
今夜の金曜ロードショーはヱヴァだね
IIS
透明標本
Stanford Bunny
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
共通の「思い出のコンテンツ」がない世代

コメント