kotobankを使ってみた

朝日新聞社,講談社,小学館,朝日新聞出版,ECナビの5社による無料辞書サイト「kotobank」(コトバンク)が正式オープンしたようです。
「信頼性の高いNo.1用語解説サイト」を目指してWikipediaに対抗するらしい。
以下、公式のkotobankの説明

「kotobank」とは

「kotobank」は、朝日新聞、朝日新聞出版、講談社、小学館などの辞書、事典44冊43万語から、用語を一度に検索できるサービスです。

百科事典から、人名辞典、現代用語辞典や専門用語集といった内容まで幅広く網羅しており、情報は随時更新、追加していきます。

「kotobank」の特徴は、用語解説の信頼性を重要視している点です。掲載している辞書は実績のある出版社や、その分野においての知識が豊富な企業などから提供されたもので構成しています。


スポンサーリンク

もう一つの特徴は、キーワード情報を多角的に調べることができる点です。「kotobank」で検索をすると、用語解説のほかに、そのキーワードの関連語、関連するニュース記事、Web検索など、さまざまな関連情報が一度に表示されます。関連情報は様々なケースで役立ちます。例えば、用語解説を読んだ後に、用語の使用例を、Web検索結果やニュース記事で参照できます。また、関連用語や関連する本、関連商品も同時に検索できます。

今後も、調べ物には欠かせないサービスを目指して、利用者の皆様とともにサービス向上に努めていきたいと考えています。

さっそく使ってみたんだけど、当然のことながらネットスラングを入力してもkotobank内では該当する解説が見つかりません。

そのかわり、web検索結果を表示してくれます。検索結果にはWikipediaもちゃんと含まれてます。(WikipediaからkotobankへのリンクがあればOKな気もするけど)

次に、割と昔からありそうな言葉を入力してみると、このようにkotobankによる用語解説とその出典が表示されます。出典がわかるのでその解説が信頼できるものかどうか判断できるということですね。

時間が経てばネットスラングにも対応したりするのかな。


スポンサーリンク

関連記事

瞬発力の時代
アメブロをしばらく放置してみた
それぞれの媒質の屈折率
重いコンテンツとゆるいコンテンツ
Objective-C最速基礎文法マスター
アスペルガー症候群 WEB自己診断
手軽な娯楽
自分を育てる技術
中学3年生が制作した短編映像作品『2045』
Structured Approach
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
represent
ガンダムはALSOKによって守られている
Machine Debug Manager
Mac用のSubversionクライアント 『SCplugin』
ターミナルサービスでネットワークレベル認証を使用する
胡蝶蘭の原種
prosper
裾野を広げる「○○カフェ」という存在
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
日本はアニメ大国(笑)
ハードルの下げ方を学べば続けられる
頭がいい人
テンソル
Raytracing Wiki
透明標本
ドラッカーの提唱する大学卒業までに身につけるべき4つの能力
職場におけるセルフブランディング
トランスフォーマー/リベンジ [Soundtrack]
無能の作り方
Web配信時代のコンテンツ構成
任意の英語サイト中で自分がまだ覚えていない英単語だけに日本語のルビを振ってくれるツール『ずるっこ!』
他人に水面下の苦労は見えない
C++の抽象クラス
脳波で遊ぶゲーム 東京ゲームショウ2009
to do listって結構大事だよね
豚インフルエンザ
情報の編集
トランスフォーマー/リベンジ Blue-Ray 予約開始
かっこいい大人にはなれなかったけど
Singular
無料のSEOツールPythagoras(ピタゴラス)

コメント