Visual Studioでユーザー定義のSyntax HighLightを設定する方法

実は簡単なのに解りづらかったのでメモ。

Visual Studioの実行ファイルが置いてあるディレクトリ内に、定義を記述したusertype.dat(中はテキスト形式)という名前のファイルを置くだけ。(調べてたら、絶対パスで説明しているTipsが多くて混乱した。バージョン・環境ごとに実行ファイルのパスは微妙に違うので、『実行ファイルと同じ場所』と覚えておけばOK)
Visual Studioを再起動すれば、usertype.datは勝手に読み込まれるらしい。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

設定方法

Visual Studioを起動して、メニューから

ツール→オプション→環境→フォントと色

表示項目の中の『ユーザーキーワード』がusertype.datに定義したキーワードになる。ここで自分の好みの色を設定すれば、エディタ上で色付けされて表示される。

ね、簡単でしょう?


スポンサーリンク

関連記事

TVML (TV program Making language)
ターミナルサービスでネットワークレベル認証を使用する
ペーパーカンパニーを作ってみたい
ドラッカーの提唱する大学卒業までに身につけるべき4つの能力
社団法人 映像情報メディア学会
ZigBee
CreativeCOW.net
PlanetMath
Memento
『Geocities-izer』 どんなWebページも一昔前のダサいデザインに変えてくれるサービス
マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座
皆声.jp
オーバーロードとオーバーライド
Machine Debug Manager
立体映像プレイヤー『Stereoscopic Player』
色んな三面図があるサイト
AnacondaとTensorFlowをインストールしてVisual Studio 2015で使う
発想は素敵、でも今は役立たずだったり…
Verilog HDL
DLL(Dynamic Link Library)
動的なメモリの扱い
represent
Webページ制作のためのメモ
Mac用のSubversionクライアント 『SCplugin』
株式会社ヘキサドライブの研究室ページ
C++始めようと思うんだ
Quartus II
Objective-C最速基礎文法マスター
Google ブック検索
最小二乗法
Processing
胡蝶蘭の原種
Googleの3Dウェブ・プラグインO3D
参考になりそうなサイト
マジョーラ
kotobankを使ってみた
JavaScriptとかWebGLとかCanvasとか
なんかすごいサイト
定数
世界のトレンドをリアルタイムに把握するサイト 『Googttrer』
Google Earth用の建物を簡単に作れるツール Google Building Maker 公...
C++の抽象クラス

コメント