ターミナルサービスでネットワークレベル認証を使用する

クライアント側の環境の話。

Windows Vistaでは問題なくネットワークレベル認証を利用できたが、Windows XPでは一手間かかるらしい。

ネットワークレベル認証使うにはRDP6.0以上を利用したCredential Security Support Providerをサポートしているクライアントが必要となる。

Windows XP SP3はその条件を満たしてはいるが、defaultではネットワークレベル認証が無効になっているらしい。

これを有効にするにはレジストリを編集する必要がある。

regedit.exeで

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa

のSecurity Packagesの値に

tspkg

を追加する。(前の値から改行して追加する)

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\SecurityProviders

の値に

credssp.dll

を追加する。(前の値とはカンマで区切る)


スポンサーリンク