会社を伸ばす人事・労務ナビ『日本の人事部』

こんなサイトがある時代なんですね。

日本の人事部

『日本の人事部』は、企業の経営者、人事担当者など「ヒト」に 関する課題を抱えている皆様のためのお役立ちサイトです。

「外注先を探す」「人事・労務に関する疑問、悩みを相談する」「業務に役立つ書式・文例を探す」「人事の最前線に迫った記事を閲覧する」など、多くのサービスを無料で利用することができます。会員登録するとさま ざまなメリットがありますので、この機会にぜひご登録ください!

このサイトを利用している人はどれくらいいるんだろうか。

で、このサイトで知ったんだけど、大学院生専用の就職情報サイト【アカリクWEB】なんてのがあるらしい。

上位校、理工系学生への求人露出度が向上し、スカウト・説明会誘導が可能なサイトです

Point1:理工系学生へのアプローチに強み

 →理工系学生の75%以上は大学院に進学します。優秀な大学院生ほど、学部生と区別して自分たちを採用選考してくれる企業を求めています。アカリクWEBに大学院生を対象とした求人とメッセージを掲載することで登録者にアプローチが可能となります。

Point2:上位校へのアプローチに強み

 →旧帝大・上位校理工系学生の7割以上が大学院に進学しています。

つまり、「大学院生対象の就職情報サイトは上位校へのアプローチに強みがある」といえます。登録者の46%は上位校(旧6帝大、早慶など)、残りのうち23%が理工系に強い大学(電通大、奈良先端大など)です。

Point3:採用に合わせた掲載プラン

→内定承諾をした際に初めて費用が発生する成果報酬型と、

最初に費用を頂く広告掲載型、その他キャンペーン(イベントとのセットなど)を行ない、コストパフォーマンスの高いサービスをご用意しております。

このマイナーサイトの存在を知ってる大学院生はごくわずかだろうから、質が保ててるんだろうな。母集団を増やすために知名度を上げたら一気に質が低下しそう。


スポンサーリンク