ディープラーニングによる一般物体検出アルゴリズムまとめ

これまで勉強したディープラーニングによる一般物体検出手法のアルゴリズム一覧。


Fast R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
R-CNNに続き、Fast R-CNNのアルゴリズムについて勉強しよう。再びこちらの系譜図を引用する↓ 系譜図にはR-CNNとFast R-CNNの間にSPPnetというのがあるのでSPPnetについて軽く触れておく。...

Faster R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出手法
R-CNN、Fast R-CNNに引き続きFaster R-CNNのアルゴリズムのお勉強。名前が似ていてややこしいですな。しつこくこちらの系譜図を引用する↓ Faster R-CNNからEnd-to-Endのアプローチが...

YOLO (You Only Look Once):ディープラーニングによる一般物体検出手法
R-CNN、Fast R-CNN、Faster R-CNNときて、次はYOLO (You Only Look Once)のアルゴリズムのお勉強。またこちらの系譜図を引用↓ 物体検出では認識精度も重要だが、自動運転などの用...

SSD (Single Shot Multibox Detector):ディープラーニングによる一般物体検出手法
Faster R-CNN, YOLOに続きEnd-to-Endの手法のSSD (Single Shot Multibox Detector)をお勉強。またこちらの系譜図を引用↓ SSDはFaster R-CNNと同程度の...

Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentation手法
これまで、ディープラーニングによる一般物体検出手法について、R-CNNから順にまとめてきた。こちらの系譜図だと最後にMask R-CNNが位置していたので、とにかくMask R-CNNまではちゃんと勉強したかったのだ↓



スポンサーリンク

参考資料

特徴抽出を行うbackboneネットワークの変遷


スポンサーリンク

検出手法の変遷

イラストで学ぶ ディープラーニング 改訂第2版 (KS情報科学専門書)

ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装


スポンサーリンク

コメント