CG

CG

Unityをレンダラとして活用する

社会人になって以降、CGレンダリングのテクニカルな話から遠ざかって久しい。 最近のレンダリング技術のトレンドをまるで知らない。最新のMaya2018ではもうmentalrayがバンドルされなくなったと聞く。(でもお値段据え置き) 今のオフラ...
2018.06.19 0
.NET Framework

UnityでOpenCVを使うには?

OpenCVで2D情報をもとに3Dの計算を行う際、実装が間違ってないかopencv_contribのvizモジュールで可視化して確かめてるんだけど、vizモジュールって割と低レベルな機能しか提供していないのでちょっとしんどくなってきた。 ...
2019.01.28 0
Hobby

映像ビジネスの未来

映像コンテンツの商売の形が、時代とともにどんどん変化しているのを実感する。 映画館でしか鑑賞できなかった時代から、テレビ放送、ビデオ、そしてレンタル、オンデマンド配信。画面の大きさも、現在は映画館のスクリーン、テレビ画面、タブレット、スマ...
2018.11.18 0
Hobby

ワンダーフェスティバル2017[夏]に行ってきた

今回も行ってきましたワンダーフェスティバル。 ワンダーフェスティバル2017 ここ2年は夏・冬と毎回行ってることになりますね。 今回も前回同様ガイドブック(入場券代わり)を事前に書店で購入しておいたんだけど、直前に別の用事が...
2017.08.02 0
CG

3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』

Unity Technologiesが、3Dスキャンで取得したテクスチャから照明成分を除去してAlbedo Mapを作成するツールをGitHubで公開した。 こういうツールがVFX関係の会社じゃなくて、ゲームエンジンの会社から提供される...
2018.01.20 0
CG

ラクガキの立体化 反省

3Dプリントした造形物の塗装も完成したけど。 台座の塗装 木製の台座がそのままだと安っぽいので、塗装することにした。 木目を活かしたいので、いつもの模型用塗料ではなく、日曜大工とかDIY系の塗料を探した。
2017.07.02 0
CG

ZBrush 4R8 リリース!

ZBrushの最新バージョン4R8がついにリリースされたぞ!(それでも5ではなく4R8なんですね) 今まで通り、旧バージョンのZBrushライセンスを既に持っている人は無料でアップデートできる! ライセンスを持っている人はこちらからダ...
2017.07.06 0
Unity

Unite 2017 Tokyoに行ってきた

5月8日~9日の2日間、東京国際フォーラムで開催されたUnityのカンファレンス「Unite 2017 Tokyo」に行ってきた。 Unite 2017 Tokyo 国内最大のUnity開発者イベント Unite 2017 Toky...
2018.03.13 0
CG

ラクガキの立体化 3Dプリント注文

上半身の形状は大体定まってきたので下半身を考えながらモデリング中。 手にちょっとディティール入れたりした。指細いな。 ゴールデンウィークに間に合わせるために早く3Dプリント注文しちゃわないとと焦っていたけど、いくつか...
0
CG

ラクガキの立体化 分割ラインの変更・バランス調整

前回、MakeHumanのMeshから手首を移植するというチート時間短縮メソッドを使った。 移植した手首をClayBuildupブラシでちょっと整える。 手の甲のディティールとか全然考えてなかったな。もう少し節榑立っ...
0
CG

ラクガキの立体化 背中の作り込み・手首の移植

何となく締め切りを決めたのでちょっと急いでいる。 胸像を目標にするとして、少なくとも上半身は作り込むのです。 背中の作り込み 今まであんまりしっかり考えていなかった背中のディティールを勢いで入れた。背骨とか脊髄的なイメージでC...
0
CG

3D復元技術の情報リンク集

Visual Odometry, Visual SLAM, Structure from Motion, Multi-View Stereoなど、複数の2D画像から3Dの情報を復元する技術の良いリンクまとめページを見つけた。 Awesom...
2017.04.14 0
CG

ラクガキの立体化 目標設定

ぼちぼちと進めているラクガキの立体化ですが、これを初の3Dプリント作品の習作としたいのです。 目標設定 昨年末に抱いた「スクラッチで模型を作りたい」という願望のハードルを自分なりに下げた結果、 3Dモデリング → 3Dプリント...
0
CG

ラクガキの立体化 進捗

今までウジウジと何年もいじり続けていた頭部からいったん離れて、胴体を作り始めた。 超行き当たりばったりで帰納的に進めてます。こういう作り方ができるのはDynaMeshのおかげ。 こういう怪人っぽいのに身体を付けようとすると、無意...
2017.03.26 0