takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています

コンピュータビジョン勉強会@関東の主催者の1人でお馴染みの@takminさんが機械学習による画像認識関連の便利ツールを2つ公開されています。↓
画像認識用Data Augmentationツールと物体検出評価ツールを自作した:takminの書きっぱなし備忘録


スポンサーリンク

オイラ、あんまり機械学習の常識を知らないんだけど、画像認識系だと、学習データを加工して増やすっていうテクニックが常套手段なのね。

Deep Convolutional Neural Networkとかで画像を学習させる際、学習画像をずらしたりぼかしたり、色々と変形を加えて学習画像を増やすことで、認識をロバストにするというテクニックが良く使われています。(Caffeなんかにも実装されている。)

で、今回@takminさんがが公開したのは、学習データにそういう加工を良い感じに加えて増やしてくれるData Augmentationツールと、物体認識の競技会であるPASCAL VOCの評価方法をMatlabではなくコマンドラインから使えるようにした一般物体検出評価ツール

これって、ガチで機械学習かけて検出精度を競っている人達にしか見えない世界かも。オイラは@takminさんが公開している資料を見てちょっとずつ勉強しているのです。


スポンサーリンク

関連記事