takminさんが機械学習・画像認識の便利ツールを公開しています

コンピュータビジョン勉強会@関東の主催者の1人でお馴染みの@takminさんが機械学習による画像認識関連の便利ツールを2つ公開されています。↓
画像認識用Data Augmentationツールと物体検出評価ツールを自作した:takminの書きっぱなし備忘録


スポンサーリンク

オイラ、あんまり機械学習の常識を知らないんだけど、画像認識系だと、学習データを加工して増やすっていうテクニックが常套手段なのね。

Deep Convolutional Neural Networkとかで画像を学習させる際、学習画像をずらしたりぼかしたり、色々と変形を加えて学習画像を増やすことで、認識をロバストにするというテクニックが良く使われています。(Caffeなんかにも実装されている。)


スポンサーリンク

で、今回@takminさんがが公開したのは、学習データにそういう加工を良い感じに加えて増やしてくれるData Augmentationツールと、物体認識の競技会であるPASCAL VOCの評価方法をMatlabではなくコマンドラインから使えるようにした一般物体検出評価ツール

これって、ガチで機械学習かけて検出精度を競っている人達にしか見えない世界かも。オイラは@takminさんが公開している資料を見てちょっとずつ勉強しているのです。


スポンサーリンク

関連記事

OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
機械学習に役立つPythonライブラリ一覧
Photogrammetry (写真測量法)
画像処理を基礎から学べるキーエンスのサイト『画像道場』
スマホのカメラで3Dスキャンできるアプリ『Qlone』
統計的な顔モデル
GANs (Generative Adversarial Networks):敵対的生成ネットワーク
Adobeの手振れ補正機能『ワープスタビライザー』の秘密
Googleが画像解析旅行ガイドアプリのJetpac社を買収
Adobe MAX 2015
Mask R-CNN:ディープラーニングによる一般物体検出・Instance Segmentatio...
Houdiniのライセンスの種類
C#で使える機械学習ライブラリ『Accord.NET Framework』
顔画像処理技術の過去の研究
OpenCVでiPhone6sのカメラをキャリブレーションする
OpenCV 3.1のsfmモジュールのビルド再び
スクラッチで既存のキャラクターを立体化したい
Deep Learningとその他の機械学習手法の性能比較
CGのためのディープラーニング
OpenCVベースのコンパクトなARライブラリ『ArUco』
SDカードサイズのコンピューター『Intel Edison』
オープンソースの顔認識フレームワーク『OpenBR』
OpenCV
PCA (主成分分析)
読みやすくて高速なディープラーニングのフレームワーク『Caffe』
ニューラルネットワークの構造を可視化するフレームワーク『TensorSpace.js』
C#で使える遺伝的アルゴリズムライブラリ『GeneticSharp』
機械学習のオープンソースソフトウェアフォーラム『mloss(machine learning ope...
顔追跡による擬似3D表示『Dynamic Perspective』
iOSで使えるJetpac社の物体認識SDK『DeepBelief』
人間の顔をそっくりそのままCGで復元する『Digital Emily Project』
OpenCVでカメラ画像から自己位置認識 (Visual Odometry)
コンピュータビジョンの技術マップ
C#で使えるNumPyライクな数値計算ライブラリ『NumSharp』
PSPNet (Pyramid Scene Parsing Network):ディープラーニングによ...
データサイエンティストって何だ?
OpenCVのfindEssentialMat関数を使ったサンプルを読んでみる
BlenderでPhotogrammetryできるアドオン
SONY製のニューラルネットワークライブラリ『NNabla』
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
オープンソースのStructure from Motionライブラリ『Theia』
手を動かしながら学ぶデータマイニング

コメント