オープンソースの物理ベースレンダラ『Mitsuba』をMayaで使う

いつか試そうと思ってだいぶ時間が経ってしまったんだけど、オープンソースのグローバルイルミネーションレンダラのMitsubaMayaと連携するためのプラグインもあるので試してみた。


スポンサーリンク


ところが、このプラグイン、想像してたのと違って、あんまり連携感がない。Maya上のオブジェクトを描画できるわけだけど、もろもろの設定はMayaのGUIではなく、結局xmlの設定ファイルを直接いじるタイプだった。(MayaのGUI上でxmlを編集するエディタが立ち上がる。)

そんで、もうちょっと調べてみたら、有志(?)でMitsubaをPythonでラップしてプラグインっぽくした人がいた。→Installing MitsubaForMaya
プラグインコード(Python)とサンプルプロジェクトがGitHubに上がっている。→MitsubaForMaya

で、やってみた。このプラグインは外部のMitsubaのexeを呼び出す操作をラップしてMayaのGUI操作ライクにしてくれてるんだけど、コードの中に絶対パスを書いていて、エラーまみれになった。GUIはよくできてたんだけどね。もうちょっと中身読めば修正できそうな気もする。

で、いったんMayaで動かすのはあきらめて、MitsubaのスタンドアローンのGUIアプリを実行してみた。レンダリングするシーンファイルのサンプルが公式のダウンロードページに置いてある。試したのは毛糸のマフラーみたいなやつSiggraph2010で発表されたこの論文のデータね。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした。

サンプルのscarfシーンをMitsubaでレンダリングした画像をPhotoshopで補正した。



まるで実写みたい。
Pythonのインターフェイスあるみたいだから、上手く使えばAPIっぽく自前のプログラムから使えると思うんだけど、なかなかサンプルが見当たらない。


スポンサーリンク

Mitsuba – physically based renderer

Screenshot of www.mitsuba-renderer.org


http://3dnchu.com/archives/mitsuba-0-5-0/


スポンサーリンク

関連記事

シン・ゴジラのファンアート
オープンソースのSfM・MVSツール『COLMAP』
ゴジラ(2014)のメイキング
CGレンダラ研究開発のためのフレームワーク『Lightmetrica (ライトメトリカ)』
OpenCV 3.1とopencv_contribモジュールをVisual Studio 2015で...
ZBrushでリメッシュとディティールの転送
OpenCVの三角測量関数『cv::triangulatepoints』
3Dオブジェクトの確認・変換に便利なフリーウェア『MeshLab』
「ベンジャミン·バトン数奇な人生」でどうやってCGの顔を作ったのか
Raspberry PiのGPIOを操作するPythonライブラリ『RPi.GPIO』の使い方
OpenCV 3.3.0-RCでsfmモジュールをビルド
サンプルコードにも間違いはある?
単純に遊びに行くのはだめなのか?
OpenCVベースの背景差分ライブラリ『BGSLibrary』
ZBrushのUV MasterでUV展開
定数
Unityで学ぶC#
複数視点画像から3次元形状を復元するライブラリ『openMVG』
手を動かしながら学ぶデータマイニング
プログラムによる景観の自動生成
世界一下品なクマと世界一紳士なクマ
ZBrushのZmodelerとDynamic Subdivisionを学ぶ
Pythonの自然言語処理ライブラリ『NLTK(Natural Language Toolkit)』
2012のメイキングまとめ(途中)
TensorFlowでCGを微分できる『TensorFlow Graphics』
3Dスキャンしたテクスチャから照明を除去するUnityツール『De Lighting tool』
Mean Stack開発の最初の一歩
Maya LTのQuick Rigを試す
プログラミングスキルについて考える
C#で使える可読性重視のディープラーニングライブラリ『KelpNet』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
ZBrushでUndo Historyを動画に書き出す
iPhone 3GSがますます欲しくなる動画
UnityでPoint Cloudを表示する方法
ZBrushと液晶ペンタブレットでドラゴンをモデリングするチュートリアル動画
ラクガキの立体化 3Dプリント注文
ZBrush用トポロジー転送プラグイン『ZWrap Plugin for ZBrush』
UnityプロジェクトをGitHubで管理する
IronPythonを使ってUnity上でPythonのコードを実行する
ガメラ生誕50周年
OpenMayaRender
After Effects全エフェクトの解説(6.5)

コメント