まだまだ続く空想科学読本

空想科学読本ってまだ続いていて、もう15まで出ているらしい。



オイラが空想科学読本を初めて読んだのは小学生の頃。空想科学読本1,2が出ていて、すでに「夢を壊して大ベストセラー」と帯がついていた気がする。




スポンサーリンク


小学生当時のオイラは、読書なんてちっともしなかったけど、クラスの頭のいい子(お受験する子)がこの空想科学読本を持っていて、自分も買ってもらった記憶がある。あの手の「絵より文字の多い本」を自ら読もうと思ったのは初めてだった。今思えば、小説より雑学本派になったのはこれの影響かもしれない。
ゴジラやウルトラマン、仮面ライダーといった好きな特撮キャラクターが扱われているのと、それぞれの作品の設定を物理法則に則って検証してみるという、当時の自分の知的レベルよりもやや背伸びした感じが魅力だったと記憶している。本書での検証のベースとなる知識は基本的に高校物理の範囲内なので、今は背伸びした魅力はあんまり感じないのだけど。

その後、空想非科学大全が出て、批判本の『こんなにヘンだぞ!空想科学読本』も出た。



確か、科学じゃなくて法律に特化した似たジャンルの本も出てた気がする。何かこっちもたくさん出てるな。



10年前にゴジラとコラボしたことがあったけど、今度は進撃の巨人とコラボするみたい。



空想○○読本系、いっぱい出てるのねぇ。


スポンサーリンク

関連記事

海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 頭部パーツの加工
偏愛マップ
チョロQ(Q-eyes)を分解してシフトカーに組み込めるか?
調べものは得意なのかもしれない
機械から情報の時代へ
ZBrushで仮面ライダー3号を造る 仮面編 PolyGroupを分割する
メカコレクション ウルトラホーク1号 マスキング・クリアーカラー塗装
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 口の塗装と接着
「ドラゴンボールZ 復活のF」を観た
エアブラシの思い出
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 つや消し失敗!?
S.H.MonsterArts ゴジラ(2014)
学習の到達目標は「点と点が線で繋がるまで」
『魂ネイション2015』に行ってきた
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 瞬間接着剤でパーツの接着
書籍『仕事ではじめる機械学習』を読みました
こんなところで身体を壊している場合じゃない
海洋堂 20cmシリーズ『モスゴジ』 全身のグラデーション塗装 その2
S.H.Figuarts 仮面ライダーアマゾンズ
『ゴジラと特撮美術の世界展』の公式図録
海洋堂 20cmシリーズ『キンゴジ』 全身のグラデーション塗装 その3
東宝30㎝シリーズ 酒井ゆうじ造形コレクション ゴジラ(2016) ソフビ組立キット
ゴジラ2000ミレニアムの口の中の塗装
無能の作り方
ワンダーフェスティバル2016[冬]に行ってきた
メカコレクション ジェットビートル 墨入れ・窓塗装
データサイエンティストって何だ?
海洋堂 20cmシリーズ『デスゴジ』 クリアーオレンジVer. 電飾の計画
ゴジラ三昧
PCの自作
ファインモールド 1/144 ミレニアム・ファルコンの制作再開
HDDの中身を3Dで視覚化するフリーソフト「StepTree」
2018年1月~3月 振り返り
Arduinoで作るダンボーみたいなロボット『ピッコロボ』
仮面ライダーあつめ
1週間のサイクル
『さらば あぶない刑事』を観た
3月の振り返り
第20回 文化庁メディア芸術祭『3DCG表現と特撮の時代』
ヘッドマウントディスプレイとビジュアリゼーションの未来
酒井ゆうじ造型工房『23cm シン・ゴジラ』 ベース塗装
書籍『転職の思考法』読了

コメント